ジュラシック・ワールド 炎の王国☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今日はこれを観てきました。

 

 

 

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

 

 

シネマサンシャイン衣山で鑑賞

 

 

シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった「ジュラシック・ワールド」の続編。前作でハイブリッド恐竜のインドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。恐竜と心を通わせるオーウェンを演じるクリス・プラット、クレア役のブラウス・ダラス・ハワードらメインキャストが続投。監督は前作のコリン・トレボロウに代わり、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」などで注目されたスペインの出身のJ・A・バヨナが新たに務める。

 

 

もうね、映画観にいくたびにこの予告ばっかりやってましたからね。

 

 

大げさでもなく50回以上は予告を観たんじゃないかと。

 

 

映画館ごり押し、これは否が応でも期待値は上がるわけです。

 

 

実際楽しみにしてましたし。

 

 

ざっくり感想を言うと

 

 

前半、最高。

 

 

後半、規模が小さくない?

 

 

最後、え?

 

 

ってな感じです。

 

 

特に、最初のオープニングの密輸?っていうんでしょうか。

 

 

サンプル盗むとこね。

 

 

雨の中のいかにもジュラシックシリーズ観てるって感じの恐ろしいシーン。

 

 

島から恐竜救出作戦からの島からの脱出もテンポ良くて面白かったです。

 

 

オーウェン、溶岩に1回手突っ込んだ様に見えたけど・・・笑

 

 

そこからの展開もおもしろい事は面白かったんですが

 

 

ちょっとスケールダウン。

 

 

もちろん、CGの技術とか特殊効果は凄くて恐竜めっちゃリアルで

 

 

そこに居る!!

 

 

って感じが恐ろしくてよかったんですが。

 

 

屋敷の中で収まってしまってましたからね。

 

 

まあ、これは最後ああいうことになるから次回のために街には出さずにここで納めておこう。ってな感じでしょうか。笑

 

 

狭いからこそあの恐怖感が生まれたのかもしれんしね。

 

 

けど、あの迫力ある恐竜は映画館のでっかい画面で観る価値ありです。

 

 

お金もかかりまくり、予告いっぱいするのも納得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3745ホームページはこちら

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加