生きてるだけで、愛。

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今日は「生きてるだけで、愛。」観てきました。

 

 

 

 

シネマサンシャイン大街道で鑑賞

 

 

小説家、劇作家、演出家などマルチな活動を展開する芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を趣里の主演で映画化。過眠症で引きこもり気味、現在無職の寧子は、ゴシップ雑誌の編集者である恋人・津奈木の部屋で同棲生活を送っている。自分でうまく感情をコントロールできない自分に嫌気がさしていた寧子は、どうすることもできずに津奈木に当たり散らしていた。ある日突然、寧子の目の前に津奈木の元恋人・安堂が現れる。津奈木とヨリを戻したい安堂は、寧子を自立させて津奈木の部屋から追い出すため、寧子に無理矢理カフェバーのアルバイトを決めてしまう。趣里が主人公・寧子役を演じるほか、津奈木役を菅田将暉、安堂役を仲里依紗がそれぞれ演じる。数々のCMやAKB48、Mr.ChildrenなどのMVなどを手がけ、カンヌ国際広告祭でグランプリなどを受賞した関根光才の長編劇映画初監督作品。映画.comより

 

 

事前情報全く無しで観たんですが、映画の空気感みたいなのはイメージ通りでした。

 

 

凄く重たくて、息苦しい内容。

 

 

全体のトーンは凄く好きな感じでした。

 

 

それに女優さんの演技も凄かった…。

 

 

入り込み過ぎてちょっと心配になるレベルで凄かったです。

 

 

観ててこっちがホントにイライラしてしまうくらい。

 

 

ほんで、主人公が働くカフェのマスターが良い人(通り越してお人好し)過ぎなんで、それがまた痛々しくて、息苦しくなる…

 

 

ホント、観ているだけで、鬱。

 

 

です。

 

 

けど、期待し過ぎただけにちょっと物足りなさも感じました。

 

 

それが何かは分からんのですが…

 

 

同じ感じの映画としてはこちらも菅田将暉が出てる「そこのみにて光輝く」のが良かったかなあ・・・

 

 

好み分かれそうな映画なんですが、機会があれば是非観てみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

パッドマン 5億人の女性を救った男☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

今日は15日。

 

 

シネマサンシャインサービスデイということで評判の良い「パッドマン 5億人の女性を救った男」を観に行きました。

 

 

 

 

シネマサンシャイン重信で鑑賞。

 

 

現代のインドで、安全で安価な生理用品の普及に奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。インドの小さな村で最愛の妻と新婚生活を送るラクシュミは、貧しくて生理用品が買えず不衛生な布を使用している妻のため、清潔で安価なナプキンを手作りすることに。生理用品の研究とリサーチに明け暮れるラクシュミは、村人たちから奇異な目を向けられ、数々の誤解や困難に直面する。そんな彼の熱意に賛同した女性パリーの協力もあり、ついに低コストで大量生産できる製造機の発明に成功。農村の女性たちに、ナプキンだけでなく、その製造機を使って働く機械も与えようと奮闘するラクシュミだったが……。主演は「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシャイ・クマール。共演に「ミルカ」のソーナム・カプール。映画.comより

 

 

遅れての重信限定公開だそうで・・・。

 

 

前評判通り、すごく良い映画でした。

 

 

ほんと「教訓」っていう言葉がピッタリな映画です。

 

 

けど、押しつけがましくもない感じが好感持てます。

 

 

題材は「生理用品を普及した男性の物語」という、なんとも斬新過ぎな内容・・・。

 

 

これが実話というのが驚きなんですが、

 

 

逆に実話だからこそ出来た斬新な内容なのかなとも思います。

 

 

フィクションで思いつきではこの内容は考えつかんだろって思います。

 

 

「感動する」ってのは分かってはいながら観てたんですが

 

 

主人公が真の成功を手に入れるまでがこれでもか、これでもか、ってなくらい焦らして

 

 

フラストレーション溜めまくるので

 

 

最後の最後は只々グッと来ました。

 

 

終盤の演説も良かった。

 

 

インドだけじゃなくとも、日本でもあまりオープンにならない題材ですが

 

 

別に違うことに置き換えてもみれますよね。

 

 

発明家とか天才はやはり周囲から異常な存在に見られるんですね。

 

 

何かをやり遂げるには

 

 

それを跳ね返す「信念」「愛」が必要・・・

 

 

ですね。

 

 

少し長い映画ですが、

 

 

長さは感じさせられない映画です。

 

 

とにかく最後まで主人公を応援したくなる。

 

 

是非機会があれば観てみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

蜘蛛の巣を払う女☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

今日は「蜘蛛の巣を払う女」を観てきました。

 

 

 

TOHOシネマズ新居浜で鑑賞

 

世界的ベストセラーのミステリー小説「ミレニアム」シリーズの第4作を映画化。デビッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ主演でシリーズ第1作を映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」に続く物語となり、主人公のリスベット役をテレビドラマ「ザ・クラウン」や映画「ファースト・マン」などで活躍するクレア・フォイが演じ、監督を「ドント・ブリーズ」で注目されたフェデ・アルバレスが務めるなど、メインスタッフ&キャストは新たな顔ぶれに。前作を手がけたフィンチャーは製作総指揮に名を連ねている。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、背中にあるドラゴンのタトゥーが特徴のリスベットは、AIの世界的権威であるバルデル教授から、図らずも開発してしまった核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局(NAS)から取り戻してほしいと頼まれる。依頼を受けて陰謀の裏を探っていたリスベットは、やがて16年前に別れた双子の姉妹カミラの存在にたどり着き、カミラが仕かけた罠にはまってしまう。

 

 

前作、デビッドフィンチャー監督、ダニエルグレイブ、ルーニー・マーラ主演の「ドラゴン・タトゥーの女」が大好きで、楽しみにしてました。

 

 

展開は単純にハラハラドキドキで楽しめました。

 

 

あの、ちょっとだけ雪が残った凍った道路をバイクでかっ飛ばすシーンとかもヒヤヒヤしながら観てました。

 

 

あと、最後の圧縮袋の気持ち悪さとかも最高でした。

 

 

良かったです。

 

 

楽しめたんです。

 

 

が、

 

やっぱり前作と比べたらダークさが、物足りない感じでした。

 

 

どっちかというと、今回のはスパイ要素が大きくて、ミッションインポッシブルっぽい感じです。

 

 

いろんな道具出てくるし。

 

 

それはそれで楽しめたんですけど。

 

 

贅沢言えば前作の監督、キャストでも観て観たかった…ってのもあります。

 

 

が、次に続編もあるとすれば絶対観たいです。

 

 

続編希望。

 

 

好きなシリーズになることは間違いない。

 

 

原作を読んだことないので、この際読んでみようかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

クリード 炎の宿敵☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

観てきました。

 

 

クリード 炎の宿敵

 

 

 

 

 

「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニスの物語として復活させ、世界中で好評を博した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。前作から続いてアドニス役をマイケル・B・ジョーダン、ロッキー役をシルベスター・スタローンが演じ、スタローンは脚本も担当。「ロッキー4」でイワン・ドラコを演じたドルフ・ラングレンも同役で出演。監督は新鋭スティーブン・ケイプル・Jr.が務めた。 映画.comより

 

 

もう最高の1本でした。

 

 

最後の勝負なんかほぼ泣きながら観てました・・・。

 

 

クリードとロッキーにはもちろんですが

 

 

ドラコ親子にも泣かされます・・・。

 

 

 

ボクシングですが、師弟愛はもちろん、家族、友情すべて詰まった映画でした。

 

 

ロッキー観た事あるなし関係なく観てもらいたい1本!!

 

 

ボクシング好き嫌い関係なく観てもらいたい1本!!

 

 

とりあえず、誰でもみんなに観てもらいたい1本でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

暁に祈れ☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今日も映画レビューを。

 

 

「暁に祈れ」

 

 

 

 

シネマサンシャイン大街道で鑑賞

 

 

タイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がることに成功したイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を映画化したアクションドラマ。タイで自堕落な生活から麻薬中毒者となってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーアは、家宅捜索により逮捕され、タイでも悪名の高い刑務所に収監される。殺人、レイプ、汚職がはびこる地獄のよう刑務所で、ビリーは死を覚悟する日々を余儀なくされた。しかし、所内に新たに設立されたムエタイ・クラブとの出会いによって、ビリーの中にある何かが大きく変わっていく。「グリーンルーム」のジョー・コールが主人公ビリー役を演じる。監督は「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソベール。映画.comより

 

 

これ、新年早々なかなかヘビーな1本を観たって感じです。

 

 

想像してた以上に地獄絵図でした。

 

 

タイの刑務所ってあんなんなん?

 

 

人権もくそもない世界ですね・・・。

 

 

これが実話だから驚きです。

 

 

映画のほぼ大半は主人公のビリー目線で話しが進行するんで、ビリーが体感している恐怖、不安、ストレスなどがビンビンに伝わってきます。

 

 

特に最初収監された時は、周りのタイの受刑者がタイ語でしゃべっててビリーには何言ってるのか分かんないんです。

 

 

と、同時にここ字幕も出ないんで、観ている僕らも何言ってるか分かんないんです。

 

 

これが、もう一緒になっててこっちも怖いんです。

 

 

「あ、なんか言ってる」

 

 

「ん?なんか笑われたぞ?」

 

 

「なんか急に怒り出した・・・」

 

 

「なんか、返さんとヤバいんじゃない?」

 

 

みたいな緊張感がずっとあります。

 

 

とにかく体調壊しそうな感じでした・・・

 

 

それでもキックボクシングに出会って、自分の生き甲斐を見つけてからは

 

 

グッと引き込まれました。

 

 

もう、なんかめちゃくちゃ応援したくなる。

 

 

どうか、勝ってくれ!!

 

 

ってな具合で。

 

 

まさに祈るような思いで観てました。

 

 

ちょっと、全体的にエグいシーンもあるので苦手な方もいるかもしれませんが

 

 

「なんか、凄いモノを観た!」感はあるので

 

 

興味のある方は、是非観てみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加