ラブレス☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

ラブレスという映画を観ました。

 

 

 

シネマサンシャイン大街道で鑑賞

 

 

「loveless」=愛のない、愛されないみたいな意味ですね。

 

 

タイトルと予告でなんとなく予想はつくんですが

 

 

暗い、悲しい、そして観る人によっては怒り狂うんじゃないかっていう映画です。

 

 

特に子供がいる人はなかなか胸くそ悪い映画かもですね。

 

 

離婚を決めてそれぞれ別にパートナーがいる1組の夫婦が

 

 

12歳の子供をどちらが引き取るか押しつけ合うんですね。

 

 

私はいらない、こっちもいらないと。

 

 

もうその時点で最低なんですが。

 

 

それを聞いた子供が次の日から行方不明になって

 

 

何日経っても帰って来ない。

 

 

最初、家出だろうと。

 

 

これ、観ている側もどっか「助かるだろう」って思ってるんですね。

 

 

どっかにはいるだろうと。

 

 

たぶん劇中の夫婦と一緒で。

 

 

だから最初は探す最中ものんきに夫婦げんかしたりとかして。

 

 

そして、時間が経つにつれ夫婦も観ている側も事の重大性に気づいていくんですね。

 

 

結果的に終わり方は「え・・・」ってなります。

 

 

けど、この映画は子供は見つかるのか、どこにいったのかはあまり関係なく

 

 

子供がいなくなったことで夫婦とその周りがどうなっていくかっていう話しでした。

 

 

明らかに探す時、前半と後半の夫婦の様子が変わってましたからね。

 

 

目先の幸せに目がくらんで本当に大事なモノを見失ってしまい

 

 

気がついたら取り返しがつかなくなっていたっていうことでしょうかね。

 

 

だから最後の2人は求めていたモノを手に入れたはずなのに全然幸せそうじゃないです。

 

 

そりゃそうだろなっていう感じですが。

 

 

暗い雰囲気の映画ですが、独特な撮り方で

 

 

長めのワンショットやワンシーンを余韻を残して撮ったりしてるので

 

 

何か起きるのか?と飽きなく観れました。

 

 

あと、印象的だったのがスマホですね。

 

 

登場人物がスマホをずっといじってるんですね。

 

 

寝る前、電気消して布団に入って寝る寸前までスマホをいじる。

 

 

なんか自分を見てるようでイヤでした。笑

 

 

現代病っぽいなあって思います。

 

 

とにかく、子供いる人と観て一緒に語り尽くしたいような映画でした。

 

 

まあ、あんな夫婦現実にいないことを願いますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3745ホームページはこちら

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

パティ・ケイク$☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今日は映画レビューを。

 

 

 

 

「パティ・ケイクス」

 

 

困難な状況に置かれながらもラップで成功を収めようと奮闘する女性を描き、サンダンス映画祭で話題を集めた青春音楽ドラマ。ニュージャージーで飲んだくれの母や車椅子の祖母と3人で暮らす23歳のパティは、憧れのラップ歌手O-Zのように音楽で成功して地元から抜け出すことを夢見ていた。しかし現実は金も仕事もなく、周囲からは見た目を嘲笑されるつらい日々。ある日、駐車場で行われていたフリースタイルラップバトルに参加した彼女は、渾身のライムで対戦相手を破り、諦めかけていた夢に再び挑戦するべく立ち上がる。そんな彼女のもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくる。映画.comより抜粋

 

 

っていうことで。

 

 

前々から気になってたんですが

 

 

こっち愛媛では公開されてなかったので

 

 

出張中に観に行ってきました。

 

 

とりあえず感想としては

 

 

良い映画に出会った・・・!!

 

 

って思える作品でした。

 

 

ラップ好きにはたまらない映画ではないでしょうか。

 

 

とにかく劇中で出てくる曲がカッコイイ。

 

 

車の上でアカペラでラップするシーン

 

 

夜の駐車場でのフリースタイルラップバトルのシーン

 

 

山小屋での作曲のシーン

 

 

最後のオーディションでのシーン

 

 

全てカッコイイ。

 

 

ラップがらみのシーンはどれも素晴らしくアガります。

 

 

特に最後にオーディションで歌う曲は

 

 

今まで観てきたストーリーがオーバーラップする様な歌詞になっているので

 

 

ぞわっと鳥肌が立つような感覚です。

 

 

お母さんの熱唱も良いすね。

 

 

今までの鬱憤を全てはき出すような歌声。

 

 

そして、最後の最後。

 

 

車のラジオから自分達の歌が流れてきてからの・・・

 

 

エンドクレジット!

 

 

最高に気持ちいい終わり方でした。

 

 

夢は叶わないかもしれないが

 

 

才能を信じて頑張ることは無駄ではない、と背中を押してくれるような1本でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3745ホームページはこちら

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

虎狼の血☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今回レビューする映画はこちらです。

 

 

 

 

「虎狼の血」

 

 

シネマサンシャイン重信で鑑賞

 

 

広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化。「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督がメガホンをとった。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。ベテランのマル暴刑事・大上役を役所、日岡刑事役を松坂、尾谷組の若頭役を江口が演じるほか、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら豪華キャスト陣が脇を固める。映画.comより

 

 

期待通りの観たかったやつでした。

 

 

こういうのが観たかった。

 

 

あれです。

 

 

おもしろそうやなって期待してた映画がそのまま面白かったっていうだけのことです。

 

 

素晴らしい。

 

 

もう最初の豚のアレのシーンからこれはヤバそうだぞという臭いがビンビンでした。

 

 

スクリーンの中の世界に引き込まれるというか。

 

 

聴視したくないけど見たいぞ、みたいな。

 

 

絵面も昭和の感じの古くさいというよりはレトロな印象。

 

 

それにひと昔前のようなナレーションが入ることで懐かしさもあり、

 

 

どこか「ノンフィクション?」

 

 

と思わせるような作りにもなってました。

 

 

終始暑苦しい、汗びっしょりの不快度指数MAXな感じで登場人物、特に役所広司演じる大上の泥臭さが伝わってきます。

 

 

そう、とにかく刑事大上が凄かったです。

 

 

住居侵入、放火、窃盗、暴力団を追い込むためなら何でもやる。

 

 

やりたい放題です。

 

 

とりあえず、画面に登場したらなんかやらかしてくれるんじゃないかとワクワクしながら観てました。

 

 

そして、他の脇を固める人達も豪華。

 

 

個人的には竹野内豊の使い方が贅沢やなって思いました。

 

 

内容は「アウトレイジ」×「日本で一番悪い奴ら」っていう印象です。

 

 

アウトレイジに出てたピエール瀧、石橋蓮司さんも出てるしね。

 

 

グロい描写、エロいシーン、下品なセリフ、全てしっかり観させてくるので

 

 

その分リアリティもあり、

 

 

痛々しさ、悲惨さがビシビシ伝わって来ます。

 

 

誰が観ても面白いとは思いますが、

 

 

グロ描写が苦手な方は事故責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3745ホームページはこちら

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

ホース・ソルジャー☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

先週の鑑賞レビューですが

 

 

観てきました。

 

 

 

「ホースソルジャー」

 

 

シネマサンシャイン衣山で鑑賞。

 

 

今大ヒット中のアベンジャーズでも大活躍。

 

 

マイティソー役のクリス・ヘムズワース主演の戦争アクション映画です。

 

 

僕もアベンジャーズに引っ張られて観にいってみました。

 

 

ソー以外で観るの初めてかもですが、クリス・ヘムズワースさん凄いカッコ良かったです。

 

 

チームの隊長として、キャプテンとしてめちゃくちゃ信頼されてるなと。

 

 

やっぱり引っ張って行く男はああでないといかんですね。

 

 

現代の戦争てあんな感じなんですね。

 

 

現地に兵士を派遣して敵の細かな座標を伝えて、そこに爆弾投下。

 

 

テクノロジー凄いです。

 

 

まあ、いくらテクノロジーが発達しても、現地に、行って犠牲になるのは人間ですけどね。

 

 

あと、戦場での銃撃戦の描写がめちゃくちゃリアルでした。

 

 

アベンジャーズとは対照的にCGを使ってない。

 

 

生のリアルな現場を再現。

 

 

超リアルな銃撃戦のシーンで緊張感がずーっと続いてます。

 

 

今回は生身の人間ですからね。

 

 

王の子でもないし、超人でもないし。

 

 

相棒も伝説のハンマーではなく、慣れてない馬ですから。

 

 

いつ死んでもおかしくない場面です。

 

 

それに付け加えて、土地勘もないし、実践経験もないチームですからね。

 

 

いつ奇襲があるか分からないし。

 

 

とりあえず、アベンジャーズ観た後なのか、

 

 

この「一発撃たれたら死ぬ」っていう、

 

 

当たり前の事ですが、

 

 

それが新鮮で緊張感を駆り立ててずっと集中して画面を観てました。

 

 

あと、家族に戦場に行くと告げて出発するシーンは辛いですね。

 

 

もう、あれがあるから余計に戦場で生きて帰ってくれ!ってなります。

 

 

多少盛ってるとこはあると思いますが、あれが実話なのは驚きです。

 

 

ほんと、よく無事で帰ったなと。

 

 

そして、戦争はやっぱり悲惨やな「平和が一番」やなと思える映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3745ホームページはこちら

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今日は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

 

 

ついに公開しましたね。

 

 

ってことで、朝イチで観てまいりました。

 

 

 

 

シネマサンシャイン衣山で鑑賞

 

 

解説&あらすじ

 

 

「アイマンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作で、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する各作品からヒーローが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作。アイマンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクといったシリーズ当初からのヒーローたちに加え、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ドクター・ストレンジ」「スパイダーマン ホームカミング」「ブラックパンサー」からも主要ヒーローが参戦。6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われる「インフィニティ・ストーン」を狙い地球に襲来した宇宙最強の敵サノスに対し、アベンジャーズが全滅の危機に陥るほどの激しい戦いを強いられる。監督は「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟。 映画.comより

 

 

まさに「祭り」でした。

 

 

いつも行ってる映画館は、地方なので大体客入りはパラパラなんですね。

 

 

作品によっては休日に行っても客一人とかも珍しくないんです。

 

 

が、やはり話題作。

 

 

平日の朝一番の9時の回だったんですが結構入ってました。

 

 

もうなんか、そこからワクワクしてしまいましてね。

 

 

どこから、どれから書いたらいいのやら。

 

 

とりあえず、150分の長丁場ですが、ほんとに短く感じました。

 

 

片時も目を離せない。

 

 

密度の濃い。

 

 

なので、終わってエンドクレジットになった瞬間

 

 

え?終わり?

 

 

って感じです。

 

 

ヒーロー同士の連携プレイも超気持ちいいし、

 

 

あのキャラとあのキャラが一緒に闘ってる!!って興奮しっぱなしでした。

 

 

特に、本作からの大好きなガーディアンオブギャラクシーとの共演が超テンション上がりました。

 

 

おいしい立ち位置だったしね。

 

 

世界観はガーディアンズのまんまで、笑わせてくれる場面もありました。

 

 

世界観でいうと、各作品ごとの世界観はそのまま残しながら

 

 

全て集めて融合さす。

 

 

そのうえ、一人一人ちゃんと脇役じゃなくバランス良く目立つ場面を持ってくる。

 

 

誰一人登場することが意味があり無駄になってないんですね。

 

 

普通、こんだけ主役級の人たちが集まれば

 

 

1人か2人は「このキャラ出す必要あった?」

 

 

とか

 

 

「え?あのキャラも出てたの?」

 

 

ってなりそうなんですがね。

 

 

みんな均等に目立って、おいしい。

 

 

まさに「集大成」って感じです。

 

 

ストーリーはネタバレになるんで言えませんが、

 

 

次回作に続くよって事は確かです。

 

 

そして、次回作観るまでは死ねんな。

 

 

ってのが感想です。

 

 

そのくらい衝撃的な内容で、次がすっごい気になります。

 

 

終わった後

 

 

「え?終わり?」

 

 

ってなったもう一つの理由ですね。

 

 

こんな終わり方とは・・・。

 

 

きっちり一本の映画としては区切りをつけてるんですが。

 

 

楽しみが増えるかとは良いことなので

 

 

とりあえず

 

 

「MCUさんありがとう!!」

 

 

ってことです。

 

 

あと、ファンなら分かってると思いますが、

 

 

エンドクレジットも席を立たない方がいいです。

 

 

色々情報入る前に頭真っ白で観た方が絶対良いと思うので

 

 

是非是非、出来るだけ早く観に行くことをお勧めします。

 

 

ネタバレせずに書けたのだろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3745ホームページはこちら

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加