アントマン&ワスプ☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

サクサクッと映画レビューです。

 

 

「アントマン&ワスプ」

 

 

感想もスモールサイズにまとめてみましょう。

 

 

 

 

シネマサンシャイン重信で鑑賞

 

 

マーベルコミック原作で「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する映画「アントマン」のシリーズ第2作。体長1.5センチにまで小さくなることができる異色のヒーロー、アントマンと、同じく伸縮自在な戦うヒロイン、ワスプの活躍を描く。元泥棒でバツイチのヒーロー、アントマンことスコット・ラングは、2年前にアベンジャーズの戦いに参加したことがきっかけで、いまはFBIの監視下に置かれ、自宅軟禁の日々を送っていた。あと3日でFBIの監視から解放されるという日、スコットの前に、アントマンのスーツの開発者であるハンク・ピム博士と、博士の娘のホープ・ヴァン・ダインが現れ、2人が極秘に進めていたある計画に協力するよう要請される。そして、そんな彼らの前に、ピム博士の研究技術を狙った、壁をすり抜けるの謎の敵ゴーストが現れ……。前作と同じペイトン・リード監督がメガホンを取り、アントマン=スコット・ラング役のポール・ラッド、今作からワスプとなり戦いに参加するホープ・ヴァン・ダイン役のエバンジェリン・リリー、ピム博士役のマイケル・ダグラスら前作の主要キャストが続投。ホープの母で先代ワスプとなるジャネット・ヴァン・ダイン役でミシェル・ファイファーが新たに参加した。映画.comより

 

 

前作の続き、というよりは前作と「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の続きですね。

 

 

とりあえず只々、ひたすら楽しい映画でした。

 

 

前作と同じくシリアスなシーンに所々コミカルなシーンを入れてくるので軽い感じで鑑賞できます。

 

 

アクションシーンはいくつかあるのですが、「アントマン」だからこそのユニークなアイディアで楽しませてくれます。

 

 

特にカーチェイスシーンは超楽しい!!

 

 

「あれどうなの?」とか「あれどういうこと?」とか言ってみれば何でもあり状態ですが。

 

 

そんなんも深く考えず軽いノリで観れるのもアントマンならでは。

 

 

今回、スケールもミクロサイズから全長20メートルのビッグサイズまで振り幅がめちゃくちゃでかいので前作以上に楽しさ倍増です。

 

 

個人的にはマイケル・ペーニャが最高でした。

 

 

あと、ジオラマ風のエンドロールもアントマンっぽくて好きでした。

 

 

エンディングの後も恒例のおまけ映像あるので席は立たないように。

 

 

アベンジャーズ新作が益々観たくなりますよ(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

スポンサーサイト

コメント