バーフバリ 王の凱旋☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

昨日はこれを観てきました。

 

 

 

 

「バーフバリ 王の凱旋」

 

 

シネマサンシャイン衣山で鑑賞

 

 

伝説の戦士バーフバリの壮絶な愛と復讐の物語を描いてインド映画史上歴代最高興収を達成し、日本でもロングランヒットを記録したアクション「バーフバリ 伝説誕生」の完結編となる第2作。蛮族カーラケーヤとの戦争に勝利してマヒシュマティ王国の王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の王女デーヴァセーナと恋に落ちる。しかし王位継承争いに敗れた従兄弟バラーラデーヴァは邪悪な策略で彼の王座を奪い、バーフバリだけでなく生まれたばかりの息子の命まで奪おうとする。25年後、自らが伝説の王バーフバリの息子であることを知った若者シヴドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む。監督・脚本のS・S・ラージャマウリや主演のプラバースをはじめ、前作のスタッフやキャストが再結集。映画.comより

 

 

ってことで、話題になってたのは知ってたんですが、なんか手をつけてなかったんですね。これ。

 

 

完全なる食わず嫌い。

 

 

インド映画観たこと無かったんですが、完全になめてましたね。

 

 

やっぱ、観てみんと分からんもんです。

 

 

正直、最初は独特な世界観に「これはなんや?」と戸惑ってたんですが

 

 

もう途中からはどっぷり浸かってました。

 

 

一国民になったつもりで、国王はこの人が継ぐべきやろうと。

 

 

心の中では「バーフバリ!バーフバリ!」って唱えてましたね。

 

 

あんな魅力的な主人公はそういないんじゃないでしょうか。

 

 

もうアクションのワンシーン、ワンカットがいちいちカッコイイ。

 

 

そして、あの独特なBGMの使い方。

 

 

特にIMAX上映の効果もプラスされて最高にかっこよかったです。

 

 

ストーリーはぶっちゃけ突っ込みどころもあるんですが、そんなことは観ている間は気にならない。

 

 

とにかくアガる映画でした。

 

 

これは、今まで観たことないジャンルっていうのもあるからでしょうが、唯々最高に最高でした。

 

 

3時間もあっという間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

スポンサーサイト

コメント