ボヘミアン・ラプソディ☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

昨日、胸アツ映画を観てきました。

 

 

 

 

「ボヘミアン・ラプソディ」

 

 

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。映画.comより

 

 

ってことで、映画館出てからの車内でずっと「We Are the Champions」を口ずさみながら帰りました。

 

 

予告でいっつも流れていたんですが

 

 

観る予定は正直無かったんですね。

 

 

けど、公開してから評判良いんで

 

 

釣られて観ちゃいました。

 

 

そしたら「We Are the Champions♪」

 

 

ってなわけです。

 

 

洋楽詳しくないし、クイーン自体そんなに知らんかったんですが

 

 

フレディのコピー感もマジで凄いらしいです。

 

 

熱演は確かに伝わった。

 

 

ほんとラストは胸が熱くなる。

 

 

鳥肌モノです。

 

 

これクイーンのファンとか、経緯を知ってる人はめちゃくちゃ楽しめるんじゃないでしょうか。

 

 

そこはすっごい羨ましい・・・。

 

 

余談ですが、恋人メアリー役の女優観たことあると思ってたら

 

 

「シングストリート」の彼女だったってことがちょっと嬉しかったです。

 

 

そして、僕は時間が合わなくて行けなかったんですが、

 

 

絶対IMAXで観た方が良いでしょう。

 

 

IMAXで観たとしてで思い返したら、もう最後なんかヤバイでしょ。

 

 

時間作って行ってみようかと思うくらいです。

 

 

ほんで、CDレンタルしてしばらく車内はクイーンだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

スポンサーサイト

コメント