暁に祈れ☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今日も映画レビューを。

 

 

「暁に祈れ」

 

 

 

 

シネマサンシャイン大街道で鑑賞

 

 

タイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がることに成功したイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を映画化したアクションドラマ。タイで自堕落な生活から麻薬中毒者となってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーアは、家宅捜索により逮捕され、タイでも悪名の高い刑務所に収監される。殺人、レイプ、汚職がはびこる地獄のよう刑務所で、ビリーは死を覚悟する日々を余儀なくされた。しかし、所内に新たに設立されたムエタイ・クラブとの出会いによって、ビリーの中にある何かが大きく変わっていく。「グリーンルーム」のジョー・コールが主人公ビリー役を演じる。監督は「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソベール。映画.comより

 

 

これ、新年早々なかなかヘビーな1本を観たって感じです。

 

 

想像してた以上に地獄絵図でした。

 

 

タイの刑務所ってあんなんなん?

 

 

人権もくそもない世界ですね・・・。

 

 

これが実話だから驚きです。

 

 

映画のほぼ大半は主人公のビリー目線で話しが進行するんで、ビリーが体感している恐怖、不安、ストレスなどがビンビンに伝わってきます。

 

 

特に最初収監された時は、周りのタイの受刑者がタイ語でしゃべっててビリーには何言ってるのか分かんないんです。

 

 

と、同時にここ字幕も出ないんで、観ている僕らも何言ってるか分かんないんです。

 

 

これが、もう一緒になっててこっちも怖いんです。

 

 

「あ、なんか言ってる」

 

 

「ん?なんか笑われたぞ?」

 

 

「なんか急に怒り出した・・・」

 

 

「なんか、返さんとヤバいんじゃない?」

 

 

みたいな緊張感がずっとあります。

 

 

とにかく体調壊しそうな感じでした・・・

 

 

それでもキックボクシングに出会って、自分の生き甲斐を見つけてからは

 

 

グッと引き込まれました。

 

 

もう、なんかめちゃくちゃ応援したくなる。

 

 

どうか、勝ってくれ!!

 

 

ってな具合で。

 

 

まさに祈るような思いで観てました。

 

 

ちょっと、全体的にエグいシーンもあるので苦手な方もいるかもしれませんが

 

 

「なんか、凄いモノを観た!」感はあるので

 

 

興味のある方は、是非観てみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加

 

 

スポンサーサイト

コメント