オーシャンズ8☆

JUGEMテーマ:映画

 

 

こんばんは。

 

 

今日は「オーシャンズ8」観てきました。

 

 

毎度毎度、薄っぺらい感想ですが、参考までにどうぞ。笑

 

 

 

シネマサンシャイン衣山で鑑賞

 

 

スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、主演のジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが主人公となり、女性版オーシャンズが結成される。史上最強の犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」を率いたカリスマ的リーダー、ダニー・オーシャンの妹デビーが仮釈放された。出所したデビーは犯罪プロフェッショナルである7人の女性に声をかけ、ニューヨークで開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」の会場で1億5000万ドルの宝石を盗み出すという前代未聞の計画を実行に移す。デビー役のサンドラ・ブロックほか、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、歌手のリアーナら豪華女優陣が顔をそろえる。ソダーバーグがプロデュースを務め、「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロスがメガホンをとった。映画.comより

 

 

といううことで、朝一の回で観てきました。

 

 

まあまあ人入ってて、特に女性の客が多かったです。

 

 

ジョージクルーニー版のオーシャンズシリーズとやっぱり比べてしまうんですが、それはそれでしょうがないし、主人公もダニーオーシャンの妹っていう設定なんで、これはもう続編に近い感じですね。

 

 

けど、個人的に女性活躍物の映画が好きなこともあり、ジョージクルーニー版のオーシャンズシリーズよりもこっちの方が好きかもっていう印象です。

 

 

アクションがあるわけでもなく、大きな爆破シーン、カーチェイスなどもあるわけでもなく一見地味そうなんですが、終わってみると豪快で痛快、スカッとする内容でした。

 

 

今回のターゲット、作戦、展開もまさに女性ならではで、女性だからこその魅力もたっぷり。

 

 

とにかく女性版にする意味は大いにある作品でした。

 

 

話しの内容は、分かってるんですけど、やっぱりどんでん返しが待ってて

 

 

スッキリ終わる感じです。

 

 

ちょっと作戦がスムーズにいきすぎじゃない?ってとこもありますが、これもこのシリーズならではで良いんじゃないでしょうか。

 

 

気軽に観れるエンターテイメントなのは間違いなしで、ジョージクルーニー版のオーシャンズシリーズ観て無くても楽しめると思います。

 

 

是非、この暑い夏に劇場でスカッとする映画を観てみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の万博記念公園にある生きているミュージアム『ニフレル』内のショップにて

 


デザインしたTシャツ「Let's go easy」をお取り扱いいただいています!

 

 

お近くへお出かけの際はぜひともお立ち寄り下さい(^^)

 


https://www.nifrel.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ユニークなデザインアイテム多数揃ってます。

 

個性溢れるアイテムで注目されること間違いなし!!

 

お値段もお手頃なので是非お買い求めください(^^)

 

その他デザインはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3745ホームページはこちら

 

ウェブショップはこちら

 

3745LINE公式アカウントはこちら

新商品、オススメ商品、お得なクーポン配信します

 

友だち追加